メニュー

「心の専門家」である臨床心理士とは

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

現代の日本で問題視されている、自殺や児童虐待、DV、いじめ、不登校などの多くは、「心の問題」が根本的な原因となっていることが多くあります。

心というものに向き合わなければならない現代社会で、必要とされている職業があります。それは「臨床心理士」です。

臨床心理士は、心理学の中でも臨床心理学に精通しており、私たち人間の心を専門にアプローチをかけて問題解決を目指す、「心の専門家」なのです。

臨床心理士が働く現場

臨床心理士という職業は、多様な現場で必要とされている職業で、医療はもちろんのこと、
保健や教育、福祉、司法、法務、警察、産業、労働など、活躍をする場は非常に広いのです。どこの現場でも、人の心に寄り添う仕事であることには変わりありませんが、現場や携わる人によって対応も変わってくるため、非常に難しい仕事でもあります。

文部科学省から認可を受けた資格

日本で認められている心の問題に携わる資格というのはいくつもあります。

その中でも臨床心理士という資格は、特別な資格という位置付けを持っているのです。

臨床心理士という資格は、文部科学省の認可する財団法人日本臨床心理士資格認定協会が実施する試験を受けて合格をしなければ取得することが出来ない資格です。

合格のハードルも非常に高いことから、臨床心理士の資格を持っているということは、心理学に携わる人たちの中でも特別な存在として扱われ、高い信頼を得て仕事をすることが出来ると言われています。

公立の小学校や中学校で生徒達の心に寄り添うスクールカウンセラーは、臨床心理士の資格を持っていないとなることが出来ません。

臨床心理士の4つの専門行為

臨床心理士の仕事は、単に相談や悩みを聞くカウンセラーとしての仕事だけではありません。

臨床心理士として培った知識や経験を活かし、専門的なアプローチを行うことも仕事としてあるのです。臨床心理士だけが出来る専門行為として、4つの行為を具体的に説明していきます。

〈臨床心理査定〉
心理アセスメントと言い、その人が抱える問題や悩み、今の状況を心理テストなどを使って心理査定・面接査定を行い、問題や悩み今の状況を把握し、心に寄り添うために行うべきことを考えます。
〈臨床心理面接〉
その人が抱える問題や悩みに応じて、臨床心理学的方法を用いて心の問題の解決を目指します。これらの専門行為を心理カウンセリングや心理療法と言います。
〈臨床心理学的地域援助〉
心の健康に携わる人たちを援助したり、活動内容の相談や運営に関するアドバイスなどを行います。
〈臨床心理学調査・研究活動〉
心理臨床実践に関する研究や調査を行い、心理学分野の向上に努めます。

臨床心理士の資格更新と情報共有

臨床心理士の資格というのは、1度取得をすると一生使えるものではないのです。

5年ごとに学会発表や専門研修などを行って資格の更新が行われます。

人々の心に寄り添う非常に難しい仕事であるため、有資格者たちの交流も積極的に行われています。

臨床心理士の資格を有する人達は、日本臨床心理士会および全国の都道府県ごとに組織された臨床心理士会に所属をし、地域や医療機関などと連携して、世の中の心の問題について情報共有が行われているのです。

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数