メニュー

【賢い土地活用法】いろいろな利用法がある土地の5つの使い方

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

生計を立てるための土地活用とは

持っている土地を上手に活用して資産を増やしたい、そのような考え方はもちろん間違っていないのですが、単純に不動産を所有しているだけでは資産を増やすことはできません。

それどころか維持にかかるコスト負担が大きくなるだけです。

不動産の保有には相続時にかかるコストもありますので、明確な目的を持って土地を活用することが重要となります。

では具体的に土地活用の目的とは、どんなものがあるのでしょうか。

1. 固定資産税や所得税、相続税などの税金関連の措置で優遇されたい

2. 収益を上げて生計を立てるために役立たせたい

3. 賃貸収入を得るオーナーとして新たな立場でチャレンジしてみたい

4. 先祖代々から続く土地を継承していきたい

5. 経済活性化、社会的貢献のために場を提供したい

 

1.税金の優遇措置

節税対策として土地活用することが目的となります。

何もない更地の状態の土地に住居や賃貸物件などの建物を建てると、固定資産税が減額されます。

土地を保有しているだけだと維持費が大きな負担となりますが、建物を建てる場として提供することで節税ができるというわけです。

ちなみに更地の状態だと高い税金のままとなるのをご存知でしょうか。

これは未使用の土地ということで評価が高いままなので、評価額の軽減措置が受けられないからです。

逆に土地を活用するために借入れすると債務を控除することができます。

更地では評価額の軽減がされなかったことに対して、賃貸建物が付いた土地の場合は評価額が下がります。

そのため価値の下がった資産として扱われ税金が低くなり節税ができるのです。

また、土地を活用することで相続税対策にもなります。

日本では最高55%もの相続税がかけられることから、親子三代で相続すればその資産もなくなってしまうのもあながち嘘ではありません。

 

2.定期的な安定収入

土地を活用して収入を得るのが目的であれば、一般的なのは家賃収入でしょう。

アパートやマンション、貸しオフィスなどの賃貸物件をその土地に建てることで自らがオーナーとなり、借り手から賃貸料を得るという仕組みです。

現在、公的年金に対して不安を持っている方は少なくないはずです。

老後どうなってしまうのかと考えた時に、保険的な位置づけとして見直されているのが土地活用です。

賃貸経営が軌道に乗れば定期的な収入は見込めますし、老後の不安も軽減されるでしょう。

年金制度が今後20年、それ以上に安定して続いていくかどうかはハッキリ言ってわかりません。

超高齢者社会に向かっていく日本で、定年退職後にいつまで年金のみで生活できるかわからない不安を抱えていくなら、まずは今のうちに安定した収益の見込める物件や土地を探しておくのも良いのではないでしょうか。

 

3.経営者としての新たなチャレンジ

今までとは異なる「オーナー」の立場として新しいライフステージに挑戦してみたいという方もいるでしょう。

賃貸経営をスタートすることで経営に関わる多くの人と出会うことになります。

建築士、土地建物管理会社や専門家、税理士、会計士など今まで知りえなかった知識や経験なども増え、新たなライフステージを構築していくことも醍醐味となります。

 

4.先代からの相続、継承

先代から受け継がれた土地を次世代にも継承していきたいという願いが大きな目的となっている場合もあるでしょう。

土地を活用することによって代々継承していくことも可能です。

 

5.社会貢献のため

土地を活用することは住居スペースを人に提供し、経済活動の場を提供することでもあります。

このような土地活用で地域や経済の活性化を促すことに繋がります。

土地に建物を建てることで仕事を生み、雇用を増やすことになりますし、アパートやマンションが建てば、そこで生活する人の環境を作り出すことにもなります。

こういったことが社会貢献に繋がっていくのです。

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数