メニュー

【光の取り込み方】好みの空間を実現する室内窓

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

自然な光を取り入れ風通しの良い明るい住まい、これは誰もが思う理想の住まいではないでしょうか。

ただ、近所周辺の建物や隣人の住宅などの状態によっては日当たりが遮られることもありますし、環境や家の構造上、自然な光を取り入れること自体が叶わないこともあります。

そういった場合には室内窓の設置がお勧めです。

採光しやすい風通しの良い空間を造りあげることが可能ですし、家族間のコミュニケーションにも役立ちます。

また、デザイン性に優れたものもありますので、空間を彩る一つのアクセントにすることもできます。

 

室内窓の種類について

■室内窓の開閉タイプ・・・押して開くor引いて開く

通常の窓のような開閉タイプには両開きと片開きがあります。

また押して開くタイプ、引いて開くタイプなど家の構造や周辺の環境に合わせてスタイルを選ぶことができます。

室内窓のオーソドックスな形はだいたい押して開くタイプのものですが、現代のように空間スペースが限られているような場合には、引いて開くタイプの方が重宝されています。

リビングや階段、階段途中の踊り場や子供部屋など、引いて開くタイプの扉も邪魔にならないので設置する場所を選びません。

■室内窓のFIXタイプ・・・光を集めるための窓=採光窓・採光ユニット

採光を目的とし基本的には開閉しない固定された窓のことです

。既に埋め込まれたコンパクト窓や、丸型、細長い長方形タイプなど自然光が取り込まれやすいような形状が用意されています。

一つだけでなく、数種類を組み合わせて設置することで効率よく光を取り込むことができます。

 

素材も豊富、デザイン性も優れた室内窓

室内窓の素材も多種多様で、製造メーカーでは数多く揃えています。

通常の木製、アルミ製をはじめ、住まいに自然に溶け込むシンプルなアルミ材など商品開発も進み、室内の扉や他の建材との統一感を醸し出すコーディネートもできるようになっています。

それぞれの空間ごとに採光窓としての役割を果たすため、採光部分にも様々な素材が使われています。

ガラスはもちろんですが、樹脂系板が採光部分に使用されていることもあります。

やわらかく温かみのある光を集めるなら半透明タイプ、多くの光を集め開放感を重視したいのであれば透明タイプと使い分けして選択可能です。

デザイン性を重視したカフェ窓と呼ばれるものも用意されています。

ナチュラルな木製格子、ガラス部分に気泡が散りばめられたタイプも人気です。

ステンドグラスを採用してインテリアの一部にすることもできます。

 

室内窓を取り入れる目的をクリアに

室内窓を取り入れるのであれば、何を重視したいのか目的をハッキリさせておくことが大切です。

採光、風通しといった「外」から取り入れる環境を重視するのか、家族間のコミュニケーションなどの「内」的な環境重視か、もしくは空間を彩るデザインの一部として取り入れるのか、人それぞれ目的とするところは違うはずですから、しっかりと検討しておくことをお勧めします。

 

室内窓を選ぶ時に注意したいポイント

開き戸タイプの場合、固定機能がポイントになります。

開いた状態で扉を固定したり、自分好みの位置で扉を固定することも可能。

扉本体が勝手に開いてしまうのを防止する機能を持つものもあり、ショールームなどで実際に動かし体験してみることが重要でしょう。

各種メーカーでは多様な商品を取り揃えていますが、デザインが素敵だからというだけで選ばず、安全かどうか、操作性といった使いやすさの面も十分にチェックしてから選ぶようにしましょう。

例えば開くタイプの室内窓なら、開き加減を調節できる固定機能がしっかりしているか、というような点です。

他のタイプの室内窓に関しても細かな部分まで確認しておくようにしましょう。

実際にショールームに赴いて利用してみると良いかもしれません。自身の目的に合わせた窓を選ぶことが大切です。

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数