メニュー

【品格アップ】手土産の渡し方に気配り方法とは?

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

ちょっとした時に持参すると喜ばれるのが手土産、相手とのコミュニケーションを円滑に進めるためには最適な必需品です。もちろん品物を選ぶ際にはいろいろと悩みますが、渡し方にも気配りをすることで、マナーや常識のある人だなという印象を相手に与えます。あなたの品格を上げることもできるので渡し方のマナーについても知っておきましょう。

基本的な渡し方とは

最初は挨拶から
まずは挨拶が最初の基本です。相手に挨拶をし、お部屋に入ってから手土産を渡す、この順序は基本中の基本です。

玄関先で渡す
・生鮮食品、デザートなど
要冷蔵や要冷凍のようなアイスクリームやデザート類、生鮮食品などは、玄関先でその旨を伝えてから渡しましょう。
・生花
お部屋にどうぞ、と伝えた上で渡すのがスマートな渡し方です。
・ホームパーティ形式で
手ぶらで訪問した方に配慮する上で、気まずくならないようにタイミングを見計らって渡す気配りも大切です。
・入室しない場合
お部屋に上がらない場合は、玄関で渡すだけで問題ありません。

本来の紙袋の用途
一般的に手土産は紙袋などに入った状態で持参しますが、そのまま紙袋ごと渡すのはNGです。

紙袋とは基本的に持ち運び中の埃や汚れなどを外から守るために使われるものですから、そのまま渡すのは失礼に当たります。

包むための布、風呂敷に関しても同じことがいえます。

渡し方について
まずは紙袋から品物を取り出します。品物の正面を自分向きに直し、品物自体に何か不備はないか、粗相がないかを確認します。

その後時計回りに品物を90度回します。

ゆっくりと更に90度回し、品物の正面が相手向きになるようにしてから差し出します。

品物を取り出したら
紙袋は品物を取り出したらすぐに畳みましょう。立った状態のままで渡す場合には品物を渡した後にさっとたたんでおきます。

基本的には紙袋は持ち帰ります。ただ親しい間柄であればそのまま置いて処分してもらうようにお願いしても大丈夫です。

また最近の紙袋はデザイン性に凝っているものもあり、逆に喜ばれることもあります。

念のため紙袋を置いていく場合は、紙袋の処分をお願いしてもよろしいでしょうかと一言添えて渡すとより良いでしょう。

ビジネスシーンなどでの渡し方

紙袋のまま渡す
取引先や関連企業などビジネスシーンにおいて外出先やあまり時間がない場合での渡し方はどうでしょうか。

急いでいる場合などは、紙袋のまま渡す方が相手にとっても都合が良い場合があります。

紙袋の底面に手を添えて、相手が紙袋の取っ手部分に手をかけやすいように差し出しましょう。

その時「紙袋のままですが」「このまま失礼します」など一言添えて渡しましょう。

謙虚な心を表わす言葉
品物を渡す際に使われる「つまらないものですが」という言葉には、礼儀作法の姿勢が映し出されています。

しかし、いくら謙虚な姿勢とはいえ、相手のことを考え選んだ品物のことをつまらないもの、と言うのはどうしてなのでしょうか。

「武士道」の中で明記されている「つまらないもの」という意味には、自分が懸命に選んだ逸品ですが、立派で素晴らしいあなた(渡す相手)の前ではたいしたものではないように思える、という謙遜の心があるとされています。

日本とアメリカなど外国と比較することで、贈り物に対しての表現が異なることがわかります。

例えば日本ではどんなに最高級で立派な贈り物だとしても、それがあなたに似合っている最適だと言い切ってしまえば、(もし相手がそれに同意していなければ)相手を侮辱する可能性もあります。そのため品物の価値や値打ちを謙遜して言います。

しかしアメリカでは、たいしたことのないつまらないものをなぜ自分に渡すんだ!と憤慨されてしまうのです。

そのためアメリカでは渡すものをほめはやす、というように文化や物事の捉え方によっても渡し方には大きな違いがあるわけです。

KOOKYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数